便秘解消マスターガイド

善玉菌と悪玉菌を知ると便秘が治る

人間の腸内にはおよそ100種類、数にすると100兆個にもなる腸内細菌がいるといわれています。このおびただしい数の腸内細菌の中にも大きく分けて、善玉菌と悪玉菌があります。

善玉菌は腸の働きを高めたりするなど、私達の見方ともいえる存在。ビフィズス菌はその代表格です。逆に悪玉菌は腸の働きを弱めたり、発ガン物質を作り出すなど悪さをするわけです。悪玉菌ではウェルシュ菌やブトウ球菌などが代表的です。

腸内ではこの善玉菌と悪玉菌が縄張りのようにして戦いが繰り広げられているわけです。そして優位な方の菌に見方する細菌もあります。

人は生まれてすぐに善玉菌が腸内で増え、生まれてすこしすると腸内細菌の9割以上はビフィズス菌になると言われています。この状態の赤ちゃんの腸は丈夫で便秘も下痢もしません。

ところが年齢を重ねるにつれてこのビフィズス菌の数は減少し、逆に悪玉菌の量は減少します。成年期をすぎると飛躍的に増加します。

年齢もそうですが、便秘など様々なことが原因になり悪玉菌が優勢になってくると腸の働きも弱まりますから、慢性的な便秘になりやすくなるというわけです。ではどうやったら善玉菌を増やすことができるのでしょうか?

それは次の善玉菌を増やす方法とはでご紹介したいと思います。

私の体験談もあります。薬を使わず、早く便秘を治したい人にオススメ:

カイテキオリゴ

 

関連記事

体験談あります:
メニュー
About