便秘解消マスターガイド

善玉菌を増やす方法とは

善玉菌と悪玉菌を知ると便秘が治るからの続きになります。

便秘と腸内細菌には深い関係があります。悪玉菌が増加し、優勢になってくると腸の働きが弱まり、便秘になります。年齢と共に増加する悪玉菌と逆に年齢とともに減少してしまう善玉菌(ビフィズス菌)ですが、どうやったら悪玉菌を減らすことができるのか?そしてどうやったら善玉菌を増やすことができるのでしょうか?

その1つが食物繊維を多く摂取するということ。食物繊維が便秘にいいと知っている人はいても、善玉菌を増やす働きがあることは見逃しがちですね。実際に行われた実験結果などの報告にも食物繊維を1日10グラム摂取してもらったところ(食事以外に)排便量が増加し、悪玉菌がいちじるしく減少した・・・という結果もでています。

食物繊維は1日20から25グラムを目安にしましょう。日本人の平均から考えると10グラム多く摂取する必要があるのです。

2つ目が乳糖を多くとるという方法。これにはヨーグルトなどの乳製品を多く食べることです。

3つ目の善玉菌を増やす方法とはオリゴ糖を摂取するという方法です。オリゴ糖は以前にもご紹介したとおり、胃などでは消化・吸収されずビフィズス菌のエサになることで善玉菌を増殖させる効果があります。

私自身もオリゴ糖の便秘解消効果を体験しています。そちらについては

カイテキオリゴの体験談をご覧下さい。どちらとも天然の食品から作られるもので薬などに頼らないで便秘を改善してくれます。

私の体験談もあります。薬を使わず、早く便秘を治したい人にオススメ:

カイテキオリゴ

 

関連記事

体験談あります:
メニュー
About