便秘解消マスターガイド

りんごは便秘にも効果的

りんごには水溶性食物繊維であるペクチンが含まれていて、便秘改善にも効果的です。

実はリンゴはヨーロッパでは毎晩りんごを一個食べると医者に世話にならなくても済むといったことが言われてきた食べ物でもあります。

そのりんごに含まれている食物繊維は100グラムあたり1.5グラム。りんごの食物繊維は水溶性食物繊維(ペクチン)で、便をやわらかくしたり、コレステロールの吸収を抑制するなど生活習慣病予防にも効果があると言われています。

このりんごの食物繊維は皮の部分に多く含まれていますので、できれば皮ごと食べたいところです。

さらにりんごは便秘だけでなく、下痢にも効果的といわれるなど整腸作用に優れています。下痢になった場合はりんごをすりおろして食べると効果的。りんごにふくまれるペクチンが下痢の症状を抑えてくれます。

便秘の時は逆にそのまま丸かじりするとよいでしょう。以前、りんごを食べたけれどあまり効果がなかった・・・という方がいましたが、その方は食事全体のバランスを考えていませんでした。

全体のバランスというのは大切です。勿論、1日3度きまった時間に食事を食べることも大切。特に朝食は大切ですね。

それから、その方は皮をむいて食べていました。これではわざわざペクチンを取り除いて食べていることになりますので、あまり効果が出なかったのです。

私の体験談もあります。薬を使わず、早く便秘を治したい人にオススメ:

カイテキオリゴ

 

関連記事

体験談あります:
メニュー
About