便秘解消マスターガイド

ビフィズス菌とオリゴ糖の関係とは

ビフィズス菌を効率的に増やして便秘を改善するにはオリゴ糖が非常に効果的です。そもそも何故ビフィズス菌は便秘にいいと言われているのか。それは「便秘解消にはビフィズス菌」でもご紹介していますが、今回は赤ちゃんの腸を例に挙げたいと思います。

生まれてから1週間程度の赤ちゃんの腸内最近の9割以上はビフィズス菌になると言われています。無菌状態で生まれた赤ちゃんの腸は生後すぐにビフィズス菌が増えてゆきます。

そんな赤ちゃんの腸は丈夫で便秘も下痢もしません。ところが、大人になると便秘の人が増えてしまうのです。腸内のビフィズス菌というのは赤ちゃんの時のようではなく、変化します。

そう、年齢とともに減少してしまうのです。逆にウェルシェ菌などの悪玉菌は年齢とともに増加します。ですから、ビフィズス菌を増やすことができれば便秘も下痢も解消できることになります。

そのビフィズス菌を増やす上で効果的なのはオリゴ糖です。オリゴ糖は人間の消化酵素では消化・吸収できない成分で、腸内ではビフィズス菌のエサになり、善玉菌を増殖させるという働きをもっているのです。

関連記事

体験談あります:
メニュー
About