便秘解消マスターガイド
便秘解消 > 便秘の症状 > 痙攣性便秘とは

痙攣性便秘とは

痙攣性便秘とは便秘の種類の1つです。

痙攣性便秘は例えば弛緩性便秘とは逆で腸の動きが強すぎるために(腸のぜん動運動が強すぎるために)けいれんを起こしてしまい、結果的に便が通過するのをかえって妨げてしまうことで便秘になります。

痙攣性便秘の原因

痙攣性便秘は腸管がけいれんしたり、収縮が強すぎたりすることで便秘になるタイプですが、便秘だけでなく、下痢になる場合もあります。

下痢かなと思ったら今度は便が出なくなったりといった症状を繰り返すこともあります。痙攣性便秘の場合、腸の動きが強すぎることが問題ですので、下剤などを使っても(腸の働きを助けるために)かえって逆効果になってしまいます。

痙攣性便秘になると便意はあるが、排便が困難であったり、コロコロうんちしか出ない・・・といったことがその特徴です。

原因としては食生活の乱れやストレスといったことも考えられます。

私の体験談もあります。薬を使わず、早く便秘を治したい人にオススメ:

カイテキオリゴ

 

関連記事

体験談あります:
メニュー
About